ジュニアテニスについて(カリキュラム)

2月 21, 2018 By: rainbow-staff Category: 東野コーチ

皆さんこんにちわ。最近ようやく暖かく感じられるようになりましたね!!

さて、今回はジュニアテニスのレッスン内容について書いて行きたいと思います。

ジュニアテニスのレッスンは最初の回に書かせていただいた様に『スキャモンの成長曲線』に併せて内容を進めて行きます。

3歳児からのキッズクラスではボールキャッチ、ラケットでのリフティングなどボール遊びや、ラケットを使った遊び的な練習に加え、テニスの動きを覚えていくために走る、止まる、打つ、跳ぶなど運動の基本動作を覚えて行きます。

小学生になると、まずフットワークのトレーニングとしてラダー(縄ばしご)を使用しています。その他ラインタッチや切り返しの瞬発系のトレーニングを取り入れて行きます。

それに加え技術的にも、本格的になってきます。ボールとの距離感を図ったり、タイミングを合わせたり、ゲームを行えばポジションを覚えコートに対して自分がどこに立っているか(空間認識力)を鍛えて行きます。

このように、テニススクールでは専門的な技術指導だけではなく、総合的な運動能力をUPさせる内容を取り入れています。

3月の春の短期教室では幼児~小学生を対象としたコースをご用意しています。特に小学生のコースには『はじめてテニス』、『球技力強化』、『フットワーク強化』の3コースがありますので、

『もっと早く走りたい!』『ボールを遠くまで投げたい!』という子供たちにはピッタリのコースになっていますので、たくさんのご参加お待ちしています。

また、2月中のお申込で500円OFFで受けていただける早割キャンペーンも行っていますので、興味を持たれた方はお早めにお申込ください。

↓コメントはこちらから